喜仲は1956年に「喜屋武(きやん)」と「仲嶺(なかみね)」を統合して、ひとつの字名になったようです。それぞれの歴史は古く、琉球王府が編纂した「おもろさうし」に記載があるとのことです。そのためか、大河のテーマになるかもしれない(?)「阿麻和利」を討伐した「大城賢雄(鬼大城)」の居城だったといわれる「喜屋武マーブ」など、王朝時代からの史跡が多いです。

喜仲紹介のパンレットのリンクです。喜仲のなりたち

※2ページ地図の⑫「喜屋武の神屋」となりが建設地です。

建設地は奥深い歴史につつまれた高台の閑静な住宅地となっています。

お問い合わせ・資料請求はこちら

完成見学会のご予約はこちら

資料のご請求・完成見学のご予約